近鉄アート館について

あべのハルカス(Abeno Harukas)は、2014年(平成26年)3月7日に全面開業した大阪市阿倍野区に立地する超高層ビルです。
地上60階建て、高さ300mで、日本で最も高い超高層ビルで、日本国内の構造物としては東京スカイツリー(634m)、東京タワー(332.6m)に次ぐ3番目の高さです。

ビル名称の「ハルカス」は古語の「晴るかす」に由来しており、ビルの上層階から晴れやかな景色を見渡して爽快感を味わえることや、多彩で充実した施設で来訪者に心地よさを感じてもらいたい、という思いが込められています。

建物は全面がガラスで覆われたカーテンウォールであり、三段階にセットバックする立体構造となっています。
各段階の屋上空間には緑地空間が設けられ、周辺の公園施設と協調して緑のネットワークを形成するほか、建物内部では吹き抜け空間を利用した「光と風の道」を創出することでエネルギー消費量を低減するなどの環境対策が取られています。

1988年11月幕を開けた「近鉄アート館」。
その後2001年に一時演劇事業を休止していましたが、2014年2月、大阪の新ランドマーク「あべのハルカス」近鉄本店ウイング館8階にて再オープンしました。
正方形のフラットな空間と三面客席など、演出の創造力をかきたて、観客が至近距離で楽しめる可動式の客席が好評です。催しによって空間を変化できる多目的なスペース。最大スペースは18m×18m。 演劇公演や伝統芸能、音楽ライブや大型展示など、様々なイベントを開催可能です。

舞台サイズ(張り出し)によって客席数は前後します。または公演収録用のカメラの設置等のため予告なく座席配置の一部を変更・削除する場合がございますので予めご了承ください。

劇場エントランス

楽屋

利用ご案内(料金表)

舞台設備リスト

照明設備リスト

音響機材リスト

アート館の一つ上の階(あべのハルカス近鉄本店ウイング館9F)に多目的小スペース「SPACE9」がオープン。
壁面に大型鏡を設置しており、ダンスレッスンや会議利用はもちろん、実験的な小イベントにも利用可能。様々なジャンルに使いやすいスペースです。

スペース9
SPACE9特設ホームページはこちら

劇場機能を備えた、多目的な小ホール

面積:約72㎡
舞台:間口:3.4m 奥行:2.7m 高さ:2.6m
床面:黒パンチカーペット
客席:間口:6 m 奥行:9 m 約80席
床面:黒リノリューム。壁面鏡あり
楽屋:1室(2.0m×7.0m)

近鉄アート館、並びにSPACE9へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用ください。

※お客様からいただく個人情報は、お問い合わせ・ご質問への回答、情報提供のために使用させていただきます。
※ご回答までに数日を要する場合や、ご質問によってはお応えできかねる場合もございます。

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

お問合せ施設
お名前 ※必須
電話番号(半角)
Mail(半角) ※必須
お問い合わせ内容

 

近鉄アート館

  • スケジュール
  • 近鉄アート館 SPACE9について
  • 地図
  • 地図

ツイッターフェイスブックお問合せ

アーカイブ

  • あべのハルカス近鉄本店
  • 喜楽に落語
  • 座席表

座席表
座席表
チケットセンター
スペース9